メインイメージ

オークションで購入

中古車オークションで購入の権利を獲得するには

中古車オークションを利用して車を購入したり売却するメリットとしては、購入時には有利に買う事が出来る可能性が高く、売却時には高く売れる可能性が高い事が挙がります。

需要と供給のバランスで中古車相場は形成されていくので、中古車オークションで中古車が提示される度に同じ車でも落札価格は変わってきます、その時その時に欲しいお客が居るかどうかで大きく値段は変動しますし、思いがけない値段で購入の権利を獲得する事もあります。

目当ての中古車を中古車オークションで発見すると、手に入れたい場合は入札をします、設定で最低落札価格が設定されていたら、その価格に達するまでは購入の権利を得られませんし、即決希望価格が提示されている場合は、その即決価格を入札した瞬間に購入の権利を獲得する事が出来ます。

大抵は時間設定が設けられて、その時間内に落札希望者が入札していく形になり、落札者が多くなるほど値段が吊り上がっていく可能性が高まります。

中古車オークションでは市場相場を無視した上がり方をする事も多々あり、市場相場よりも高くても欲しいという方が何人か居ると、競争原理が働いて入札され続ける程値段は天井知らずで上がって行く事になります。

プレミアがついた中古車等は、とんでもない高額に吊り上がって行く事もありますから、売る側としても非常に大きなメリットもありますし、最も高く売れる売却方法はオークションと言われる位です。

いずれにしても入札を重ねていき、値段がドンドンと吊り上がっていき、これ以上入札出来ないという風になると、最後に入札した方が落札者として取引を行えるようになります。

売却者と購入者がやり取りをして引き渡しを行うようになりますが、売却側として初めてオークションを利用する時は、宣伝用の素材写真等を用意したり、客との間で質疑応答があれば答える必要がありますし、金銭のやりとりも引き渡し作業も配送手続きも行う必要があり、初めての場合はかなりの労力になりリスクもあります。

代行業者に丸投げして任せるのも1つの方法ですし、まわりに慣れている方が居れば質問しながら取引を行うのも良いでしょう。

初オークションで売却すると、最低落札価格設定を忘れて、想定を超えた安値で落札されて権利を獲得される事もあるので、必ず希望価格を設定しておいた方が良いです。

購入時の注意点はやはり金銭のやり取りや商品の引き渡しについての部分ですから慎重に行いましょう。