メインイメージ

スタート価格について

中古車オークションのスタート価格について

中古車査定の専門業者に自分の車を査定してもらう方法や、車を買ったディーラーで買い取ってもらうなどいろいろ中古車を販売する方法がありますが、その中でも中古車オークションで自分の愛車をうるという方法もあります。
今ではたくさんの車が出品され落札されているのも少なくありませんが、出品すれば必ず落札されると思うのは早計です。中にはスタート価格が高すぎたり、低すぎたりすることによって入札者がほとんどおらず、出品しても結果がでないという人もいます。
ではどのようにして中古車オークションでスタート価格を決めればよいのでしょうか。
まずは自分の愛車を客観的に評価することから始めます。ネットでも構いませんので自分の車がいま市場ではどれぐらいの価格で販売されているのかということをチェックしてみます。車種、走行距離や年式、事故を起こしたことがある、改造車であることなどを客観的にチェックして今の金額をはじき出します。世間一般の中古車買取センター等でもし買い取ってもらった場合はこれぐらいの金額だということを把握し、中古車オークションでの金額を決めるわけですが、そこから自分の愛車のなにが特徴的なのかということをアピールしてスタート価格をつけていけば良いのです。
例えば改造車である場合は凄く費用がかかっていることや、この車はほとんどの人が持っていないので今が入札時だと言うことをしっかりとアピールするようにしましょう。そうすることによってスタートしたときの価格が割高でも入札したい人はその文章に惹かれてこの車を是非落札したいという心理が働くものです。
市場価格が安いからといって自分の車が中古車オークションでも売れないのではないかと考える必要ありません。かといってあまりにも市場価格とかけ離れた金額をつけてしまうと、だれも検討すらしてくれないかもしれません。しっかりと自分の車と市場価格、一般の人々がどういう車を求めているかということを客観的に見つめ直した上で最初の価格を決めるのが最も妥当だと思われます。
車種で人気のあるものから落札されていくような感じがしますが、珍しいクルマの方がマニアとしては高く買い取ってくれる傾向がありますし、よくある車であっても他の車には無いポイントがあれば付加価値がつきますので、その分最初の価格が割高であっても、落札金額は結構大きい場合が多いのです。
他の車と同じようなスタート価格を付けた場合は意外と見落とされがちですので、高い価格でつけて入札者の競争を誘うよりも一発で落としてもらえるような落札金額にするか、安い金額をつけてその商品を買う為に入札者が争ってくれるのを期待するかはその車の特徴によって大きく変動しますのでその辺を見極めたうえで判断するとよいでしょう。